保護者の方へ

お子さまの歯を守るために重要な3つのこと

最大の治療は、家庭でのブラッシング

悪くなった歯を治療したとしても、正しい歯みがきを食後の習慣にしていなければ、また悪くなってしまいます。正しい歯のみがき方は、歯を守る最大の防御策。お子さまに歯みがきを「習慣づける」ことこそが、お母さん・お父さんが子どもの歯を守ることに繋がります。

定期的なフッ素塗布が歯を守ります

乳歯や生えたての永久歯はとても表面が弱く、すぐに歯が溶け虫歯になってしまいます。フッ素塗布は、虫歯菌から歯を守る非常に有効な手段の一つ。永久歯が正しく生えるためには、乳歯を守る必要があります。「どうせ抜けてしまう乳歯だから」と放置せず、定期的にフッ素塗布をお子さんに行なってください。※当院では小学6年生まで、フッ素塗布を無料で行なっています。

虫歯になりやすいNG食習慣を見直そう

「甘いモノはダメ!」このようにお子さまに教えていませんか。しかし、美味しいと思っているものを無理にやめさせるのは難しいもの。ですから「正しい食べ方」を教えることが、歯にとっては重要なのです。しっかりご飯を食べた後なら、少しのお菓子でも満足するため、お菓子は食前・食間ではなく食後。そして食べた後は歯みがき。さらに歯をみがいた後は何も食べない。これが、虫歯ゼロに繋がる食習慣なのです。

ご自身の歯を守ることが、お子さんの歯を守ることにつながります

お子さまの歯を守るには、お母さん・お父さんが正しく歯をメインテナンスしていることが一番大切です。お子さまはお母さん・お父さんが歯を磨いたり、どんな風にご飯を食べているかを見たりして、それをお手本にするからです。

ご家族の中でお母さん・お父さんは、歯の先生。正しい歯みがきや正しい食習慣に力を入れることが、お子さまや家族の健康を守ることに繋がります。

小さなお子さんを連れて歯科医院に行けないとお悩みのママさんへ

院内はベビーカーでも移動しやすいようバリアフリー仕様に。また、広くて停めやすい駐車場も完備していますので、小さなお子さまと一緒に安心してご来院いただけます。
「待合室で子どもが泣くから気を使う・・・」、そのような心配をされて歯科医院に通うことをためらうお母さん・お父さんも多くいらっしゃいますが、当院では監視カメラ付きのキッズルームを備えています。監視カメラの映像は、治療中に診察台に備え付けのモニターで見ることができます。「お母さんと離れたくない」というお子さまや、ベビーカーに乗った小さなお子さまは、お母さんの治療中にそばで見ていることも可能です。

お母さん・お父さんの治療姿をお子さまがそばで見ることは、お子さまが医院の匂いや雰囲気に慣れるチャンスにもなります。親子連れの患者さまがたくさんいらっしゃいますのでお気軽にお越しください。