子どもの虫歯治療

乳歯と永久歯の治療の違い

永久歯よりも乳歯の方が柔らかく、虫歯になりやすいという特徴があります。しかし虫歯になってしまったら、治療法は同じ。虫歯のあるところを削って型を取り、詰め物をします。
「乳歯は生え変わるものだから虫歯になっても大丈夫」とは決して思わないでください。乳歯は永久歯が生える際の歯並びにも大きく影響するからです。

虫歯を作らないことがなにより重要ですが、虫歯ができてしまったら、早めに治療を開始することがやがて生えてくる永久歯を、そして子どもの歯を一生涯守ることにも繋がります。大切なのは、お母さん・お父さんがどれだけ子どものお口に気をつけてあげられるかです。正しい食習慣・正しいブラッシング方法をお母さん・お父さんが身につけるためにも、親子で一緒に来院してください。

子どもが虫歯治療を怖がるには、理由があります

小さなお子さまにとって、知らない人に囲まれながら、お口を開けさせられるのはとても恐ろしいこと。強引に治療されると、その後も歯科医院を見ただけでも泣き出してしまうといったお子さまもいるほどです。

当院ではお子さまが「虫歯の治療」においてだけでなく、「歯科医院」そのものを怖がらないようにしたいと考えています。そのためにもまずは、お子さまと仲良くなることが必要です。もちろん歯が痛くて泣いている場合には、早く治療を行わなければなりませんが、そのようにならないためにも、早めに受診することが大切なのです。

ブラッシングと生活習慣を見直すだけで、子ども虫歯はぐんと減ります

虫歯の原因は何でしょうか。それは、口の中の菌が糖を分解して出した酸によって歯を溶かしてしまうことです。

しかし本来お口の中には、歯が溶けてしまっても唾液によって修復する機能があります。歯が溶けてしまい、唾液によって修復される。そしてまた溶ける。このようなサイクルが上手くはたらいていると、虫歯になることはありません。しかしサイクルが乱れて修復できないほど歯が溶けてしまうと虫歯になるのです。

正常なサイクルを乱さないためには、ブラッシングと生活習慣を見直す必要があります。食べたあとは必ずブラッシング。そして一度お口のなかをキレイにしたら何も食べない習慣をつけ、唾液が歯を修復できる時間を作る。これが、虫歯予防にはとても大切なことなのです。